home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ博物館歴史ミュージアム一覧 > ひらけ! アルバム!!多摩の風景 いま・むかし
読み上げる
 
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

入場無料

歴史ミュージアム 企画展

ひらけ! アルバム!!多摩の風景 いま・むかし

きみが知っているあの場所は、昔どんなだっただろう?
多摩の風景の今と昔を写真や8mmフィルムの映像から紹介します。
普段、なにげなく見ているこのまちの風景も、昔と比べてみると、新しい発見があるかも!?


開催日
2008年10月01日 (水) 〜2008年11月17日 (月)
時間
10:00 - 18:00 
場所
歴史ミュージアム企画展コーナー
主催
主催:
財団法人多摩市文化振興財団




photo
平成19年 高橋幸治氏撮影
聖蹟桜ケ丘駅のいま・むかし
photo
昭和39年頃 篠崎勝一郎氏撮影
古い写真は高架に改修される前の聖蹟桜ケ丘駅。桜ケ丘の開発と多摩ニュータウン開発によって大きく変わっていく直前の様子が記録されている写真です。現在のように高架駅になったのは、桜ケ丘住宅への入居が進み、多摩ニュータウン開発も始まっていた1969年(昭和44)のことでした。現在はバスターミナルを使っているバスも、この頃は全てのバスが駅前の道路でUターンをし、発着していました。



photo
平成20年 山田丈介氏撮影
貝取大通りのいま・むかし
photo
昭和51年 崎川修氏撮影
貝取大通り整備直前と現在の様子です。古い写真に写っている愛宕団地の給水塔を目印に撮影しました。大部分が丘陵地である市内南部では、谷に集落と田んぼ・畑が作られ、人々は暮らしていました。現在、谷には多摩ニュータウン通りと尾根幹線を結ぶ大きな道路が整備され、田んぼや畑の多くは住宅になっています。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.