home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ演劇・古典芸能公演予定一覧 > 文学座公演「再びこの地を踏まず-異説・野口英世物語-」公開舞台稽古 観覧者募集!
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

文学座公演「再びこの地を踏まず-異説・野口英世物語-」公開舞台稽古 観覧者募集!

パルテノン多摩友の会「アテナクラブ」会員様と、多摩市在住、在勤、在学の方を抽選で300名、
9月12日(水)文学座公演「再びこの地を踏まず-異説・野口英世物語-」の公開舞台稽古観覧にご招待します。

作 :マキノノゾミ
演出:西川信廣
出演:今井朋彦、若松泰弘、鈴木弘秋、佐川和正、西岡野人、後田真欧、木場允視、名越志保、松岡依都美、
    永川友里、千田美智子、内堀律子


開催日
2018年09月12日 (水)
時間
13:30開場  14:00開演(上演時間2時間40分※途中休憩あり)
※本番を想定した通し稽古をご覧いただけます。
※通し稽古のため、途中で中断することもございます。 
場所
大ホール
主催
主催:
文学座
提携:
公益財団法人多摩市文化振興財団
問い合わせ:
パルテノン多摩文学座公開舞台稽古観覧係 042-375-1414
募集内容
対象:
・パルテノン多摩友の会(アテナクラブ)会員
 ※募集期間中に会員になられた方も対象となります。
・多摩市在住、在勤、在学の方(証明するものをお持ちください)
※未就学児入場不可
定員:
300名(抽選)
申込方法:
申込フォーム、または往復はがきにてご応募ください。
募集期間:
7/1(日)〜7/31(火)
申込方法
申込専用フォーム
2018年07月01日(日) 10時00分受付開始 ※7/31(火)17:00締め切り
往復はがきで 「〒206-0033 多摩市落合2-35 パルテノン多摩文学座公開舞台稽古観覧係」まで。  
下記の必要事項をご記入ください。
(1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)希望枚数(※2枚まで) (5)友の会の方は会員番号
(6)多摩市在勤、在学の方はお勤め先や学校名
7/31(火)必着
※応募締切り後、8月中旬頃に抽選結果メール、またはハガキを発送いたします。


photo
©宮川舞子

【あらすじ】
日本人なら誰もが知る偉人の中の偉人、野口英世。
しかし、彼の本当の素顔はあまり知られていない…。
マキノノゾミが “人間” 野口に光を当て、彼が駆け抜けた怒涛の後半生を描く。

舞台は明治31年、野口が北里研究所の助手見習い時代から始まる。
研究所では雑用しか仕事のない毎日に嫌気がさし始めている野口。
一日も早く世界へ出たいという野心を抱いているが、それだけの地位、功績、名声、そして肝心の渡航資金と何一つ持ち合わせていなかった。
郷里の親友から借金をしてもすぐに使い果たしてしまうほど金遣いの荒い浪費家であり、さらに上乗せして無心するほどの途方もない借金魔であった野口。
いよいよアメリカ留学が現実味を帯びてきたころ、某家の令嬢と婚約。
大胆にもその婚約持参金を留学の渡航費に当てようとしたが、あろうことか自身の壮行会にて一夜で全額を使い果たしてしまう。
しかし努力家という本来の一面による彼の熱心な勉強ぶりと、誠実さを理解している恩師血脇守之助はホトホト呆れるも、野口という人間そのものに魅了されている彼は、渡航実現に向けて尽力するのであった。

時は流れて明治44年。
ニューヨークに新設されたロックフェラー医学研究所に足場を固めていた野口は、ついに病原性梅毒スピロヘータの純粋培養に成功する。
そしてひょんなことから知り合ったメリーと結婚。
その後も次々と病原体を発見し、地位、功績、名声を確実に手中に収めていく野口。
やがてアフリカ黄熱病の病原体研究のために命を懸けてアフリカへと渡ることに…。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.