home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ音楽公演予定一覧 > パルテノン多摩ニューイヤーコンサート2014 
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

フレッシュ名曲コンサート

パルテノン多摩ニューイヤーコンサート2014 

新年に出会う、限りなく美しい音楽

【出演】
指 揮:山下一史
ソプラノ:市原愛
管弦楽:東京交響楽団

【曲目】
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
モーツァルト:「フィガロの結婚」より“恋とはどんなものかしら”
プッチーニ:歌劇「ラ・ポエーム」より“私が街を歩くと”
プッチーニ:歌劇「マノン・レスコー」間奏曲
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」


開催日
2014年01月04日 (土)
時間
14:30開場 15:00開演 
場所
大ホール
料金
アテナ ¥3,000  アテナペア¥5,000  <10/5[土]発売>
一 般 ¥3,500 <10/6[日]発売>
高校生以下¥1,000 
※料金はすべて税込
[全席指定] ※未就学児入場不可
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化財団)
企画協力:
東京オーケストラ事業協同組合


※当日、14:00から2階エントランスにて毎年恒例の「パルテノン多摩新年祝賀会」を行います。皆さまお誘い合わせのうえご来場ください。


photo
山下一史【指揮】
1984年桐朋学園大学卒業後、ベルリン芸術大学に留学。86年デンマークで開かれたニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。85年12月からカラヤンの亡くなるまで彼のアシスタントを務め、ベルリン・フィル演奏会で急病のカラヤンの代役としてジーンズ姿のまま「第九」を指揮し、話題となる。以降、ヘルシンボリ響首席客演指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九響常任指揮者を歴任。また、2002年より大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者を務め、08年4月より同団名誉指揮者に就任。06年より仙台フィルハーモニー管弦楽団の指揮者として迎えられ、R.シュトラウス「英雄の生涯」、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」などのCD制作を行うなど積極的な活動を展開。09年4月から12年3月まで同団正指揮者を務める。2009年4月にはサンクトペテルブルク交響楽団定期に出演し、大成功を収めた。また、2011年2月にはシューマン「ゲノフェーファ」日本舞台初演や、2013年1月には水野修孝 歌劇「天守物語」を行うなど、現在、オペラ、オーケストラの両面において着実な成果を積み上げている指揮者として、ますます注目を浴びている。

photo
市原愛【ソプラノ】(撮影:武藤章)
東京藝術大学卒業。ミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。プリンツレゲンテン劇場、バイロイト辺境伯歌劇場、バーデン州立歌劇場、ゲッギンデン・クアハウス劇場、ハンブルガー・カメラータ定期演奏会、ミュンヘン放送管弦楽団等の公演に出演。08/09シーズンはアウグスブルク歌劇場専属ソロ歌手として契約。国内では、小澤征爾、クリスティアン・アルミンク指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団、井上道義指揮の読売日響、小林研一郎指揮の名古屋フィル、神奈川フィル、大阪フィル、東京都交響楽団、東京フィル等と共演。ドイツ歌曲をヘルムート・ドイチュ、フランス歌曲をセリーヌ・デュティイ、声楽をエディット・ヴィーンズ、児島百代、保永秀樹、原田茂生、朝倉蒼生の諸氏に師事。リサイタルやオペラ、コンサートのほか、宗教曲のソリストとして活躍している。第13回日本モーツァルト音楽コンクール第1位、第1回マルチェッロ・ヴィオッティ記念国際声楽コンクール第2位および聴衆賞、第77回日本音楽コンクール声楽部門第2位。第6回東京音楽コンクール声楽部門第3位。2013年11月からのトリノ王立歌劇場日本公演ではヴェルディ「仮面舞踏会」のオスカル役での起用が予定されている。

photo
東京交響楽団
1946年創立。音楽監督にユベール・スダーン、 桂冠指揮者に秋山和慶、常任指揮者に大友直人、 正指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にクシシュトフ・ウルバンスキを擁する。 2014年度からはジョナサン・ノットが音楽監督に就任する。 年間160回以上の公演を行い、新国立劇場ではレギュラーオーケストラとして 毎年オペラ・バレエ公演を担当。現代音楽の初演などにより、 文部大臣賞、音楽之友社賞、京都音楽賞大賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、 サントリー音楽賞などを受賞。2012年より設けられた文化庁 「トップレベルの舞台芸術創造事業(年間支援)」初年度4オーケストラに選定されている。 川崎市のフランチャイズ、新潟市の準フランチャイズ・オーケストラとして 地域での活動にも力をいれている。教育面でも 「こども定期演奏会(サントリーホールとの共催)」「0歳からのオーケストラ」 を行い注目を集めている。海外公演も数多く、これまでに53都市71公演を行っている。
この公演は、京王
パスポートカード
のご利用で京王グ
ループ共通ポイン
トがつきます。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.