home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ映画上映予定一覧 > 爆音上映 in パルテノン多摩vol.2 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 「AKIRA」 
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

爆音上映 in パルテノン多摩vol.2 
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 「AKIRA」 

誰も聴いたことのない音量で、
誰も体験したことのない映像体験をしてみませんか?

映画担当Tのここがオススメ!
昨年好評だった爆音上映を今年も開催!映像と音に包まれる感覚をお楽しみください。
2作品とも35mmフィルム上映です!

【上映作品】
「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007/アメリカ/113分)
「AKIRA」(1988/日本/124分)

爆音上映とは・・・
通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、大音響の中で映画を見・聴く試みです。その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える。大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。

爆音映画祭→http://www.bakuon-bb.net/


開催日
2017年12月15日 (金) 〜2017年12月16日 (土)
時間
12月15日(金)19時15分 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 
12月16日(土)13時 「AKIRA」 16時 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 18時45分 「AKIRA」 
場所
小ホール
料金
【前売券】一般1,300円 学生・シニア1,200円 アテナ1,100円 <8月29日(火)発売>
【当日券】一般1,500円 学生・シニア1,400円 アテナ1,300円

[全席指定]
※未就学児入場不可(「デス・プルーフ inグラインドハウス」はR15(15歳以上がご覧になれます)
※1作品につき1枚のチケットが必要です。
※時間指定券となります。ご希望の上映時間の券をお買い求めください。
※学生券購入の際は、身分証明書をご提示ください。
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
企画制作協力:
boid→http://www.boid-s.com/
音響監修:樋口泰人(爆音映画祭プロデューサー)


photo
©2007 The Weinstein Company

『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007/アメリカ/113分)
R15(15歳以上がご覧になれます)

監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ

出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、
シドニー・タミーア・ポワチエ、ローズ・マッゴーワン、クエンティン・タランティーノ

テキサスの夕暮れ時。オースティンのラジオ局で一番の人気DJ、ジャングル・ジュリア(シドニー・タミーア・ポワチエ)は親友のシャナ(ジョーダン・ラッド)、久しぶりに地元に戻ってきた
大学時代の女友達アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と一緒に街へ繰り出し、一夜の気晴らしをする。お気に入りのバー、グエロスからテキサス・チリ・パーラーへとはしごする彼女たちを、密かにつけている男の影。ドクロマークの付いた不気味なシボレーを乗り回し、顔に傷痕のある謎の中年男、スタントマン・マイク(カート・ラッセル)だ。ジュリアたち3人や、バーに居合わせたパム(ローズ・マッゴーワン)は、会話するうちにこの男への警戒心をゆるめていく。しかし、パムを送るために車に乗せた彼は突如、恐るべき豹変を遂げる。
14ヶ月後。テネシー州で映画撮影に携わっている、スタントウーマンのキム(トレイシー・トムズ)とゾーイ(ゾーイ・ベル)、メイク係のアバナシー(ロザリオ・ドーソン)、新進女優のリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、ぽっかり空いたスケジュールを有意義に過ごそうと計画。ゾーイの希望で、映画「バニシング・ポイント」に出てきた1970年代型ダッジ・チャレンジャーに試乗しようということになる。ディーラーの元にリーを置き去りにして、アクロバティックなスタントライドを楽しむ3人。ゾーイはボンネットに乗ってごきげんだ。そんな彼女たちに目をつけたのが、あの男、スタントマン・マイクである。いきなり車をぶつけてきたマイクに、女たちの怒りが爆発。タフな女たちの猛反撃が始まる……。

photo
©1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会

『AKIRA』(1988/日本/124分)

原作・監督:大友克洋
脚本:大友克洋、橋本以蔵

1988年7月、東京で核爆発が発生、第3次世界大戦が勃発した。2019年、ネオ東京では軍の指揮下で新兵器・超能力の研究が進められていた。キヨコ(25号)、タカシ(26号)、マサル(27号)ら永久幼年者はエスパーの実験体で、もう一人のアキラと呼ばれる28号は超能力があまりに強大でコントロールできないためカプセルの中で眠らされていた。職業訓練校生の鉄雄は友人の金田らとバイクで走っていたところタカシと遭遇。避けようとしたが、転倒して重傷を負ってしまう。そして鉄雄はタカシと共に軍に連れ去られ、エスパーとしての訓練を受けた。やがて鉄雄は恐るべきパワーを身につけ、周囲を破壊していく。自分にも軍にもコントロールできないのだ。その力はアキラにも匹敵し、またアキラを目醒めさせる危険も出てきた。金田はゲリラのケイと手結んで鉄雄を止めようとするが、どうにもならなかった。軍の施設を抜け出し、アキラの眠るオリンピック会場建設場へ進む鉄雄を、軍やゲリラ、金田らが追う。鉄雄はついにアキラのカプセルを壊すが、アキラの正体はバラバラに保管された脳神経だった。キヨコ、タカシ、マサルは3人の力を合せてアキラを甦らせ、鉄雄を全く別の宇宙へと連れ去るのだった。

photo
樋口泰人(音響監修)

【プロフィール】
1957年山梨県生まれ。『キネマ旬報』『エスクァイア』『スイッチ』『スタジオボイス』などに批評やレビューを執筆。90年代は『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員、その後編集長をへて、ビデオ、単行本、CDなどを製作・発売するレーベル「boid」を98年に設立した。04年から、東京・吉祥寺バウスシアターにて、音楽用のライヴ音響システムを使用しての爆音上映シリーズを企画・上映。08年より始まった「爆音映画祭」は全国的に展開中。著書に『映画は爆音でささやく』(boid)、『映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか』(青土社)、編書に『ロスト・イン・アメリカ』(デジタルハリウッド)、『恐怖の映画史』(黒沢清、篠崎誠著/青土社)などがある。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.