home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ参加・体験企画予定一覧 > Papicワークショップ「ココドコ?〜きってえがいてかぞくの風景マップをつくろう〜」
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

Papicワークショップ「ココドコ?〜きってえがいてかぞくの風景マップをつくろう〜」

1枚の画用紙を、家族や仲間どうしで切り分け、好きな場所で風景をえがきます。
えがいた風景は、パズルのように組み合わせて完成です。
家族や友達だけの場所はドコでしょう?完成した作品は思い出のMAPでもあります。
思い出の場所をつくる、他にはないワークショップ。友達やカップルでのご参加も大歓迎です。
制作には、現代美術家の原高史さんを始め、スタッフもお手伝いします。
完成した作品は、8/25〜8/30の期間、当館ギャラリーにて展示します。

■Facebookページ開設しました!

photophoto
【参考】昨年度の当日予定pdf
    


開催日
2012年07月08日 (日)
時間
10:30〜15:30 
場所
多摩中央公園、市民ギャラリー
※雨天の場合は内容を変更して実施
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
募集内容
対象:
ご家族、お友達のグループ、カップル
※小学3年生以下の方が参加される場合は、おとなの方の参加、または付き添いをお願いいたします。
※1組につき、制作に参加する人数が2名以上、5名以内を原則とします。(6名以上は応相談)
定員:
30組
参加費用:
1組500円(パピックレジャーシート、画用紙付き/当日精算)
持ち物:
お弁当・水筒・色鉛筆やクレヨンなど、絵を描くのに使うもの・折り紙や新聞など画用紙に貼り付けられるもの
申込方法:
事前申し込み5月3日〜10:00当館HPにて
監修:
原 高史(現代美術家)
申込方法
申込専用フォーム
2012年05月03日(木) 10時00分受付開始 定員になり次第締め切りとさせていただきます。


photo

原高史 プロフィール
1968年東京都生まれ。東京在住。多摩美術大学絵画科油画専攻大学院修了。現代美術家。90年代後半よりインスタレーション、プロジェクト、絵画作品を美術館などで発表。2000年から文化庁在外研修およびポーラ美術振興財団在外研修にてドイツ・ベルリンに滞在。主な活動として、地域の人々とのコミュニケーションを通して得られた「ことば」を絵と共にパネルに描き、歴史的建物や、地域一帯の窓を埋め尽くすプロジェクト『Signs of Memory』を展開。これまでに、シンガポールビエンナーレ(06)、ハバナビエンナーレ(08)をはじめ、ドイツ、日本、ブラジル、台北など6カ国19カ所で発表。企業や行政、教育機関などとのアートコラボレーション、ワークショップ等を行っている。



Papic(パピック)サポートスタッフ募集中!

「Papicワークショップ ココドコ?きってえがいてかぞくの風景マップをつくろう 」開催にあたり、Papicの運営をお手伝いしていただける、ボランティアスタッフを募集します。 運営会議にご参加いただいたり、ワークショップや展覧会の準備、当日の運営や参加者対応などをお願いする予定です。 アートやワークショップに興味のある方、みんなで何かをするのが好きな方、どうぞご参加ください。 なお、謝礼や交通費は支給されません。あらかじめご了承ください。

【サポートスタッフ申込フォームはこちら】

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.