home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ参加・体験企画予定一覧 > 第3回「創られる『装い』-多様化する近代消費文化-」
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

連続講演「表象としての『装い』」

第3回「創られる『装い』-多様化する近代消費文化-」

講師:神野由紀氏(関東学院大学人間環境学部教授)


開催日
2011年01月23日 (日)
時間
13:30〜16:00(13:00開場) 
場所
第1会議室
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
問い合わせ:
パルテノン多摩歴史ミュージアム連続講演担当:042-375-1414(代表)
募集内容
定員:
60名
参加費用:
【一回券】一般 700円 アテナ会員 630円
申込方法
申込専用フォーム
2010年12月13日(月) 10時00分受付開始 定員になり次第締め切りとさせていただきます。

※五回通し券もございます。お申込みはこちらから<【五回券】一般3000円 アテナ会員 2700円>

パルテノン多摩予約センター 
042-376-9999(10:00〜12:00、13:00〜16:00 土・日・ 祝・休館日休)
2010年12月13日(月) 10時00分受付開始


photo

第3回「創られる『装い』-多様化する近代消費文化-」
 近代の消費社会では、新たな消費者を獲得するために、次々と新たな市場が開拓されていった。女性が「装う性」として注目を集め、百貨店などを中心に人為的に創られた流行を追い求めていく一方で、男性もまた「紳士」になるための装いが重要な関心事となっていく。さらに子どもについても、伝統的風習も利用しながら、新たな消費イベントを介して、特別な装いのための商品が過剰なまでに紹介されていく。こうした多様化した消費と、「装い」の関係を考える。

講師:神野由紀氏(関東学院大学人間環境学部教授)
専門はデザイン史・文化史。『趣味の誕生』(勁草書房,1994年),『百貨店の文化史』(共著,世界思想社,1999年),「ファッション化する子供用品-近代初期の消費イベントとしての七五三の事例を中心に」(『デザイン学研究』54号,2007年)など


Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.