home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ演劇・古典芸能公演予定一覧 > 文化祭 special LIVE!
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭 関連企画

文化祭 special LIVE!

演劇人によるライブコンサート!
他では見られないスペシャル企画です。

【出演】
ロロ+EMC feat.いわきっ子/山田佳奈(ロ字ック)×演劇と人/大谷能生+中野成樹 feat.みずうみ /FUKAIPRODUCE羽衣


徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭はこちら

徳永京子の現代演劇講座はこちら


開催日
2017年03月11日 (土)
時間
13時30分開場 14時開演 
場所
小ホール
料金
アテナ3,000円<1/15(日)発売> 
一般3,000円<1/21(土)発売>
[全席指定] ※未就学児不可
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団


photo
EMC

photo
ロロ(撮影/三上ナツコ)



photo
FUKAIPRODUCE羽衣

photo
大谷能生+中野成樹 feat.みずうみ

photo
山田佳奈(ロ字ック)✕演劇と人

<出演者紹介>
ロロ+EMC feat.いわきっ子
ユルさと切なさと優しさが人気のラップユニットEMC(Enjoy Music Club)とロロが、コラボ&ライブ! 三浦直之がボーカルで参加した、すべてのポップカルチャーに捧げた大名曲『100%未来』も披露!

<ロロプロフィール>
 2009年より東京を拠点に活動中。
 漫画・アニメ・小説・音楽・映画などジャンルを越えたカルチャーをパッチワークのように紡ぎ合わせ、
 様々な「出会い」の瞬間を物語化する。
 小説のリーディングや音楽ライブと融合した短編演劇、映画製作など、ジャンル横断で演劇の枠を拡張しながら活動を行い、
 2013年 三浦直之・初監督作品 映画『ダンスナンバー 時をかける少女』(製作:ロロ)はMOOSIC LAB 2013 準グランプリ他3冠を受賞。
 2015年にはロロvol.11『ハンサムな大悟』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補作にノミネート。
 2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、
 戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用無料など、高校演劇の活性化を目指している。
 公式サイト=http://lolowebsite.sub.jp Twitter・Facebook・Instagram =llo88oll
 ロロ×高校演劇「いつ高」シリーズ=http://lolowebsite.sub.jp/ITUKOU/
<EMCプロフィール>
 2012年結成、3人組のラップグループ(通称EMC)。
 2013年頃からネットに曲をアップしはじめ、少しずつ認知されるようになる。
 2015年11月 1stアルバム"FOREVER"を発売。
 テレビ東京系「モヤモヤさまぁ〜ず2」、NHK Eテレの子供番組「シャキーン!」などに楽曲を提供。
 エンジョイミュージックでお願いします!
 http://enjoymusicclub.tumblr.com
<ロロコメント>
 楽しいマイクパスでみんなが繋がっていけるといい。エンジョイミュージックでお願いします!
<EMCコメント>
 俺らは俺らのマジ歌をやるだけです。


山田佳奈(ロ字ック)✕演劇と人
注目の劇団ロ字ックの作・演出家にして元レコード会社勤務、今もロックフェスを開催する筋金入りのロック好きの山田佳奈が、そのすべてのメンツと実力を賭けて参加! バンド名は当然、アレへのリスペクト!

<プロフィール>
 山田佳奈(□字ック)が率いるポエトリー・リーディングバンド。
 演劇界隈では珍しく、「オハラ☆ブレイク」「下北沢にて」など、音楽フェスにも毎年参加している。
 山田佳奈(Vo/□字ック)、ナガセナイフ(Pf/音響)、浅野康之(trp/劇団鹿殺し)、
 水野伽奈子(Sax/ダンス・俳優)、マサカヤスタカ(Gt/俳優)、川村知也(Dr/演出助手)の6人編成。
 今回はゲストに、西山宏幸(B/ブルドッキングヘッドロック)を迎え、新作ライブを行う。
 (※浅野康之は今回公演中につきお休み)

<コメント>
 「文化祭の想いで。中学生のときまでさかのぼっても、あまりピンと来ないのですが、『あのとき、バンド出演なんてしてたら
 人気者になれていたかもしれない…』そんなことを大人になって思います。演劇と人、音楽をやりたい演劇人ばかりが集まりました。
 この文化祭の人気者を目指します。よろしくお願いします」(山田佳奈)

大谷能生+中野成樹 feat.みずうみ
チェーホフ『かもめ』をラップ化したユニットが、まさかの再結成&6年振りの実演! 中野成樹が誤意訳・演出した『長短調(眺めまたは短め)』(10年)のサントラ「みずうみのかもめ(ふたたび)」がライブで蘇る!

<プロフィール>
 2010年、音楽家・批評家の大谷と、舞台演出家の中野を中心に、チェーホフ『かもめ』をラップ化する期間限定ユニット“みずうみ”が結成される。
 メンバーは、小劇場の役者、バンドマン、大学生、声楽家、等、10名前後。
 CD『みずうみのかもめ』(GRAMOPHONE4/play2/HEADZ144)をリリース。
   あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010『長短調(眺め身近め)』にてパフォーマンス。
<コメント>
 みずうみ〜長短調は、2010年に死ぬ思いでやっていた活動です。
 しかしもちろん、死なず、私は今も生きています。 
 今回にむけ、久々にCDを聴きました。
 やっぱり若干色褪せていました。
 でも一方、あの頃も、すでに色褪せていたのではないか、とも。
 今に生きるのは辛いので、過去に生きる人々。
 チェーホフの『かもめ』はきっとそんな話で。
 あるいは未来に。


FUKAIPRODUCE羽衣
昨年のパルTAMAフェスきらめきの池ステージでの『愛いっぱいの愛を』でたくさんの心をつかんで揺さぶった羽衣が、妙—ジカル劇団としての本領を発揮! これまでの名曲を集めたガラ・コンサート的ライブで再びパル多摩に!

<劇団プロフィール>
 2004年俳優の深井順子により設立。
 作・演出・音楽の糸井幸之介が生み出す唯一無二の「妙―ジカル」を上演するための団体。
 妖艶かつ混沌とした詩的作品世界、韻を踏んだ歌詩と耳に残るメロディで高い評価を得るオリジナル楽曲、
 圧倒的熱量を持って放射される演者のパフォーマンスが特徴。
 08年に世田谷区芸術アワード”飛翔”を受賞し、10年1月シアタートラムネクスト・ジェネレーションVol.2にて
 「あのひとたちのリサイタル」を再演。12年「耳のトンネル」にてCoRich舞台芸術まつり!2012春グランプリを受賞。
 同年、クオータースターコンテスト(演劇ぶっく・エントレ共同主催の演劇動画コンテスト)にて「浴槽船」でグランプリ受賞。
 09年からLIVE活動を開始。本公演以外にも活動の範囲を広げている。

この公演は、京王
パスポートカード
のご利用で京王グ
ループ共通ポイン
トがつきます。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.